ホーム > 太陽光発電 全量買取

太陽光発電 全量買取

野立て 太陽光発電 施工エリア

土地や空き地・工場・倉庫の屋根を有効活用!!
群馬
太田市/館林市/伊勢崎市/みどり市/桐生市/前橋市/大泉町/邑楽町/高崎市/富岡市/安中市/藤岡市/吉井町/新町 玉村町 沼田市/渋川市/群馬全域
埼玉
熊谷市/深谷市/本庄市/羽生市 /さいたま市/川口市/春日部市周辺地域
栃木
足利市/佐野市/栃木市/小山市 /宇都宮市 周辺地域

その他の地域にお住まいのお客様もお気軽にお問い合わせください。

太陽光発電の全量買取制度の概要について、ご説明させていただきます。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

太陽光発電 全量買取について

特長1固定価格買取制度とは

2011年8月26日に成立した「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づき2012年7月1日より実施されました。
固定価格買取制度は、太陽光発電システムで発電された電気を、その地域(関東であれば、東京電力)の電力会社が一定価格で買取ること(売電)を国が定めた制度です。



特長2対象となるエネルギー

太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスのいずれかを使い、国が定める条件を満たす設備を設置して、発電を始められる方が対象となります。
※注意
発電した電気は、全量が買取対象(売電)となりますが、住宅用など10kw未満の太陽光発電システムの場合は、自分で消費した後の余剰分が買取対象となります。



特長3買取価格と期間

全量買取価格は年々減少傾向です。



特長4一度適用された価格は、期間内はずっと適用されます。

固定価格買取制度は、最初に適用された価格のまま、電力会社に電気を買い取っていただけます。



特長5余剰電力の買取と全量買取との違い

余剰電力と全量買取制度の違い

余剰買取 余剰電力買取制度
10kw以下の太陽光発電システムを自宅などに設置した方は、発電した電力から、自宅などで使った電力を差し引き、電力が余れば電力会社に売る(売電)ことができます。

全量買取 全量買取固定制度
自宅で使った電力とは、無関係に、太陽光発電システムで発電した電力を全て、電力会社に売る(売電)ことができます。
ただし、この全量買取制度が適用されるのは、設置する太陽光パネルの総出力が10kw以上のものだけです。
※10kw以上の太陽光発電でも、余剰買取制度を利用することは可能です。

基本的に、個人宅の屋根に設置できる太陽光パネルの総出力は、10kw以内だと思いますので、余剰電力の買取制度しか適用できないとお考えください。
ただし、駐車場などの屋根に太陽光パネルを設置して、総出力を10kw以上にすると、全量買取制度を適用することも可能となります。



無料診断・お見積りはこちらから
ページの先頭へ戻る